産休に飽きた。1日が長すぎる。夫の帰りは23時過ぎ、休みもゴロゴロ。寂しい女性?専業主婦の魅力に気付く!?

産休に飽きた。1日が長すぎる。夫の帰りは23時過ぎ、休みもゴロゴロ。寂しい女性?専業主婦の魅力に気付く!?

スポンサードリンク



産休に飽きた。1日が長すぎる。

飽きた

産休に入って1週間、1日が長すぎる。休むのに飽きた。

もともと私は仕事が好きで、やれと言われれば徹夜で仕事しても苦にはならないタイプでした。サビ残だって率先してやるくらいです。ですので、上司から好かれているのですが、良いように扱われているというのも確かです。

昇進とかに興味はないですが、今の仕事が好きなのです。自宅にいるよりも会社にいる時の方が楽しいので、いざ妊娠して産休が始まったら、何をしていいのか分からなくなってしまいました。午前中には家事がすべて終わってしまい、夕食まで作ってしまうので、午後はまったく何もすることがありません。

とにかく1日が長くワイドショーを見ていても、くだらない芸能人の話だし、DVDを見てもつまらなくなってしまうし、ウォーキングをしても、疲れるだけで、体調が悪くなってしまいました。私は仕事をしていないとダメな人間なんだとあらためて思いました。

あまりにも産休の生活に飽きたので、会社に行ってみたりもするのですが、出勤するのは禁止されているので、上司から注意を受けてしまいました。なぜ、休みなのに何もやりたいことがないの?寂しい人だね?なんて嫌味を同僚の女性社員から言われてしまいました。確かに、仕事しか興味のない私は寂しい女性かもしれません。よく結婚してもらえたな?と思っています(笑)


スポンサードリンク



夫の帰宅は23時過ぎ。休日もゴロゴロ。切ない。

今は会社からの手当があるものの、私の収入は激減してしまっているので、夫の稼ぎに頼っています。それなりに貯金はありますが、産まれてくる赤ちゃんのためには、もっと貯金が必要です。いつ我が子が保険のきかない難病にかかってしまうかも分からないですからね。

その時の現金がないと命を救えないのです。夫は不動産会社の営業職なので、超がつくほど多忙で、早朝から出勤し、帰宅は23時を過ぎてしまいます。クタクタに疲れているので私の話を聞いてもらうわけにもいきません。

毎週、水曜日、隔週、火曜水曜が休みなのですが、待望のお休みの日も夫は家でゴロゴロしています。ずっと働きづくめなので、ゴロゴロしたくなる気持ちも分かります。会社の愚痴などは1つも言わずに真面目に働いてくれる夫に感謝しているので、私も頑張って出産しなければと自分を奮い立たせました。


スポンサードリンク



年末くらいの大掃除を始めました。料理の腕もあげてみました。

恐らく私たちは晩婚ということもあり、一人っ子で打ち止めです。ということは、人生に1度しかない産休です。そう考えたら、毎日何もせずに飽きた・・・と愚痴っているのがもったいなくなりました。何もやりたいことや趣味もないなら、家事と奥様力アップに力を入れようと思ったのです。

私は、正直、仕事は得意ですが、家事は苦手です。恐らく育児も苦手だと思います(笑)男っぽくて勢いのあることはできるのですが、器用な細々したことが苦手でした。その弱点を良い機会なので産休中になおそうと思ったのです。

そして、まずは年末ばりの大掃除を始めました。4日間かけて家の隅々までホコリ1つなく掃除しました。そうしたら気持ちも晴れて、楽しくなってきました。そして、仕事で頑張っている夫を喜ばせるために短期の料理教室に通い、料理の腕もあげてみました。

夫に秘密にしていたのですが、いつもとは違う外国の料理とかを出したら、料理の腕前が上がったと褒めてもらえました。やっていると専業主婦も奥が深いし、悪くないな!と思うようになりました。よく主婦業は終わりがないし、達成感もないし、誰も褒めてくれない、なんて言われていますが、我が家は、ちゃんと褒めてくれる夫がいるので、達成感も味わうことができます。

いつか仕事を辞めたら、主人のために専業主婦になってみてもいいかな?と思えるようになりました。今は手作りで赤ちゃんの洋服や帽子やパンツを作る教室に通い始めています。飽きた・・・とか、つまらない・・・とか言いながらも、人生に1度しかない産休を楽しめるようになりました。


スポンサードリンク





フォーマット 常識 体験談 マナー お金 注意点