切迫早産で産休挨拶ができなかった場合はメールで!後日、手紙とお菓子を郵送。罪悪感は抱かない!

切迫早産で産休挨拶ができなかった場合はメールで!後日、手紙とお菓子を郵送。罪悪感は抱かない!

スポンサードリンク



切迫早産で産休挨拶ができなかった場合はメールで!

切迫早産

上司や同僚に携帯電話のメールで必要な報告や挨拶をしておきましょう。

予定通りの出産なら、産休前の挨拶も仕事の引き継ぎも余裕を持ってできたはずですが、切迫早産ともなると、何もできずに入院となってしまうので、産休前の挨拶も引き継ぎもできなくなってしまいます。しかし、それは仕方がないことなので、できる限りの対応をすればOKです。

もちろん上司や同僚から文句を言われることはないでしょう。ただし、気を付けなければいけない点が1つだけあります。それは「切迫早産になってしまったんだから、仕方がないでしょ!?」という態度では嫌われてしまうという点です。

切迫早産になったことは仕方がないことですが、上司や同僚に迷惑をかけてしまったことは事実なので、それに対するお詫びの気持ちをしっかりとメールで伝えることが肝心です。産休後、職場復帰する予定なら、尚更、職場の人間関係にヒビが入らないように、しっかりと報告や挨拶やお詫びのメールをしておきましょう。

上司や同僚に良い印象を残せるメールの例文をご紹介しておきます。「この度は、切迫早産により、予定よりも1ヶ月も早くお休みをすることになり、申しわけございません。仕事に引き継ぎはメールでできる限りやっていきたいと思っています。10時から17時までなら電話でも話せますので、電話連絡も可能です。ご迷惑をおかけしますが、何卒、よろしくお願い致します。」


スポンサードリンク



落ち着いたら郵送で手紙やお菓子を送っておきましょう。

切迫早産の場合は、挨拶もお詫びもすることができません。なので、とりあえずはメールで状況報告とお詫びを上司や同僚に伝えておくことが大切です。メールだけで済ませても事情が事情なだけにおめでたいことなので、上司や同僚から悪く思われてしまうことはないですが、万全を期すなら、メールだけで済ませるのではなく、郵送で感謝やお詫びの手紙とお菓子を送っておきましょう。

切迫早産で入院して状態が安定していて、余裕があるなら、出産前に手紙とお菓子を郵送しても良いでしょう。もし、余裕がないなら、出産後に落ち着いてから手紙とお菓子を郵送しても遅くはありません。病院のベッドでも、携帯電話やスマホから、ネットでお菓子を買うことができますからね。できれば早い方が良いでしょう。


スポンサードリンク



メールや電話で引き継ぎができない場合は?

仕事の引き継ぎ内容によっては、メールや電話では足りない場合があります。そんな時は、同僚か上司に病院まで来てもらい、直接、引き継ぎの説明をしましょう。来てもらう時は、必ず、お菓子やフルーツなど贈り物を用意しておきましょう。わざわざ、上司や同僚に仕事を休んできてもらうわけですから、何も渡さないのは失礼になります。

旦那さんに挨拶をしてもらうというのもアリです!

切迫早産だと丁寧な挨拶ができずメールや電話になってしまいますが、それでは失礼だし納得がいかないという方は、旦那さんに仕事を休んでもらって、代わりに職場にお菓子と手紙を持って挨拶しに行ってもらうという手段もあります。

産休後も正社員として長く働くつもりなら、旦那さんに挨拶に行かせるくらいしておけば、間違いなく良い印象を残せることでしょう。ついでに、引き継ぎの資料などで渡してもらいたいものがあれば、プリントアウトして旦那さんに手渡ししてもらいましょう。

切迫早産は不安もストレスも多いですが、そんな時こそ、旦那さんに協力してもらいましょう。仕事のことが気がかりだと出産に集中できないですからね。

おめでたいことなので罪悪感を抱く必要はありません!

予定よりも、かなり早く切迫早産で入院となってしまい、繁忙期に仕事に穴をあけると、同僚にも多大な迷惑がかかってしまいます。同僚によっては、「勘弁して欲しい・・・」なんて思われてしまうかもしれません。しかし、出産をコントロールすることなんてできないので、仕事に穴をあけてしまったからといって、罪悪感を抱くことはありません。

切迫早産で早期に入院して仕事を休めるのは当然の権利なので、必要以上に申し訳ない・・・と思う必要はないのです。そんな気持ちだと心にも負担となりストレスになってしまうので、出産にも悪影響が出てしまうのです。

悪いと思えば思うほど、同僚からお荷物だと思われているかも・・・嫌われているかも・・・という不信感が募ってしまいます。確かに、勘弁して欲しい・・・と思っている同僚もいるかもしれないですが、それは無視して結構です。

一番大切なのは、仕事よりも出産ですからね。仕事のことを一切忘れて、出産を無事に成功させることだけ考えましょう。切迫早産で挨拶ができず引き継ぎも完璧にはできなかったからといって、それを理由に解雇することなんて法律的にできないので、心配する必要はありません。産休後に笑顔で職場復帰できるように出産という大仕事を成功させましょう!


スポンサードリンク





フォーマット 常識 体験談 マナー お金 注意点