雇用保険に加入していればアルバイトでも産休で出産手当金がもらえる?健康保険に加入しないともらえません。

雇用保険に加入していればアルバイトでも産休で出産手当金がもらえる?健康保険に加入しないともらえません。

スポンサードリンク



雇用保険に加入していればアルバイトでも産休で出産手当金がもらえる?

雇用保険

雇用保険から出るのは育児休業給付金です。健康保険に加入していないともらえません

結論から申し上げると、雇用保険に加入しているだけでは産休の際に出産手当金をもらうことはできません。「雇用保険に加入していれば産休後に出産手当金がもらえる」と勘違いしている女性が非常に多いようですが、それは、育児休業給付金と混同してしまっているのです。

産休をとることでもらえる出産手当金は、健康保険に加入していないともらえません。育児中にもらうことができる育児休業給付金は雇用保険に加入すればもらうことができます。


スポンサードリンク



扶養で夫名義の健康保険に加入している場合は出産手当金はもらえる?

残念ながら、扶養で夫名義の健康保険に加入している場合は、産休をとっても出産手当金をもらうことはできません。あくまでも自分名義で健康保険料を支払っていることが、出産手当金をもらう条件になっているからです。

産休後に出産手当金をもらいたいなら、夫の扶養から抜けて、自分名義の健康保険に加入してもらえるように会社にお願いする必要があります。


スポンサードリンク



現実的には会社から退職して欲しいとお願いされることがある?

法律的にも倫理的にも、女性なら誰だって妊娠、出産はするので、それを理由に解雇したり、退職して欲しいとお願いするのは間違っています。しかしながら、経営状態がよろしくない会社なら、残っていても給料が未払いになってしまうかもしれません。

結婚や出産した女性を在籍させておくほど資金的な余裕がなから・・・と言われてしまえば、無理やり残ることなんてできないですよね?お世話になった会社なら尚更です。このように働きたくても会社の都合で産休もとることができずに、自主退職をさせられる女性が非常に多いのです。

中小零細ならまだしも大企業でも、そのような理不尽なことが起きているようです。このように女性を差別するような傾向がなくならない限り、本当に気持よく女性が社会で活躍できる日は来ないのではないでしょうか?

女性に優しい会社、既に女性社員が出産後も育児後も、いきいきと活躍している会社を選んだ方が良いでしょう。そのためには、就職や転職をする際にしっかりと会社をリサーチして、ミスマッチをなくすことが肝心です。

若い女性社員しかいないのに、女性を大切にする、女性が活躍できる会社だと豪語されても説得力のかけらもないですよね?やはり、キャリアを捨てずに結婚後も、出産後も、育児中も正社員として仕事を続けて、それなりのポジションでマネジメントなどもやってりう先輩女性社員のロールモデルがいるような企業を選べば失敗はしないと思います。

雇用保険のみで健康保険に加入できない場合は会社からの手当があるかチェック

雇用形態や雇用契約にもよりますが、アルバイトやパートの場合だと雇用保険のみで健康保険など福利厚生がつかない場合が多いようです。そうなると、産休をとっても出産手当金がもらえないので、育児休業給付金がもらえるまでの長い間、無収入になってしまうのです。

旦那さんが安定した仕事に就いているなら、生活費にも困ることはないでしょうが、シングルマザーや旦那さんの仕事が不安定な場合は、生活が赤字になってしまうのです。これから赤ちゃんにお金もかかるのに、赤字になってしまえば、将来も不安になってしまうのです。

そんなことにならないためにも、雇用契約を結ぶ前に健康保険に加入する方法はないのか?もし健康保険に加入することができないなら、会社から産休の間の手当はもらえないのか?アルバイトでも可能か?をハッキリと聞いてから雇用契約を締結した方が良いでしょう。

そうじゃないと妊娠してから困ることになるのです。特に経済的に余裕もなく、両親にも頼れないという事情がある方は、手当や支援が手厚い、出産や育児に理解のある会社を選びましょう。出産や育児に理解があり、女性の活躍に期待してくれるような会社なら、手厚い支援や手当もあるので、気持ちよく働くことができるのです。

国民健康保険の場合は出産手当金はもらえる?

残念ながら国民健康保険の場合、出産手当金をもらうことはできません。出産手当金は、健康保険限定の制度となるので、国保は対象とならないのです。つまり、個人事業をされている方などで、国保しか加入していない場合は、産休をとっても出産手当はもちろん、何も手当が出ないということになります。

その分、会社員の妊婦さんよりも、多めに貯金をしておかないといけないということですね。しかしながら、国保はなぜもらえないのでしょうか?結局は、税金を多くとりたいから、できるだけ会社員になりなさい!ってことですかね。個人事業主や自営業に対する国からの扱いがあまりにも冷たいと思います。

シングルマザーで経済的に安定しておらず、頼れる両親も親戚もいない方で、会社員にもなれず個人事業で細々とやっている方が、妊娠したら何も手当がなく少ない貯金で出産をするしかないのです。これっておかしな制度ですよね?国保でも出産手当金を支給するべきだと思います。


スポンサードリンク





フォーマット 常識 体験談 マナー お金 注意点