アルバイトでも産休や育児休暇は取得できる?就業規則をチェック。ブラックバイトに要注意!

アルバイトでも産休や育児休暇は取得できる?就業規則をチェック。ブラックバイトに要注意!

スポンサードリンク



アルバイトでも産休や育児休暇は取得できる?

産休

条件を満たせばアルバイトでも産休や育児休暇を取得できます。

「どうせ自分はアルバイトだから、産休も育児休暇も取得することはできないだろう・・・」と考える人が大半でしょう。周りにもアルバイトで産休や育児休暇を取得する人が少ないので、このような結論に至ってしまう人が多いのです。

しかし、労働基準法の定めるところによれば、アルバイトでも条件を満たせば、産休や育児休暇をとることができるのです。産休を取得したい場合は、出産予定日の6週間前にアルバイト先に申請しておく必要があります。これを忘れないでください。定められた手続きや申請を忘れてしまえば、産休がとれなくなってしまうからです。


スポンサードリンク



就業規則によっては産休や育児休暇が取得できない場合もある?

労働基準法ではアルバイトでも産休や育児休暇が取得できるとされていますが、就業規則など、アルバイト先の会社の規定で、産休や育児休暇がとれないと決められている場合は、取得できないこともあります。産休や育児休暇をとるどころか、妊娠したら解雇されるという規定が定められている場合もあるのです。

結婚、妊娠、子育て中もアルバイトを続けたい場合は、雇用契約を結ぶ前に、しっかりと雇用契約書や就業規則に目を通して、産休や育児休暇が取得できるのか?事前に確認しておきましょう。


スポンサードリンク



アルバイトでも育児休暇を取得するために必要な条件とは?

アルバイトでも育児休暇を取得するためには、下記の2つの条件を満たす必要があります。 1、1年以上アルバイトを続けていること 2、子供が1歳を過ぎてもアルバイトを継続できる見込みがあること つまり、1年以上続けているアルバイトで、且つ、生まれた子供が1歳を過ぎてもアルバイトを継続できる見込みがあるという条件を満たしていれば、問題なく育児休暇がもらえるということです。

1は問題ないですが、2は自分の意志ではどうにもならないですよね?要するに、アルバイト先で出産後も雇用を継続してもらえるかは、アルバイト先の会社の判断にゆだねるしかないのです。ここは事前に聞いてみると良いでしょう。

出産後も、アルバイトを続けたい意志を伝えることで、子供が1歳を過ぎても継続して雇用してもらえるか?知らせてくれることでしょう。恐らく、過去の働きによって雇用が継続されるかどうかが決まるので、1年以上のアルバイト経験で、会社の利益に貢献できるような働きを見せることが効果的だと思われます。

会社側も仕事ができるアルバイトを手放したくはないと思っているので、会社に手放したくない!と思わせるような働きぶりを見せることがベストな方法です。そうじゃないと、もともとアルバイトは短期契約なので、契約期間が満了したことを理由に雇用契約を終了させられてしまうことでしょう。

使える人材なら、結婚しても妊娠して子育て中でも、育児休暇を与えてでも雇用契約を継続したいと思うのが、経営者の考え方なのです。

出産手当金や育児休業給付金はアルバイト先から出るのではありません!

アルバイトでもフルタイム勤務で、福利厚生や社会保険に加入していれば、問題なく産休や育児休暇を取得することができます。大半の方は、産休や育児休暇で支給される手当や給付金は会社から出るものだと勘違いしているようですが、会社からお金が出ているわけではないのです。

産休でもらえる出産手当金は、加入している健康保険組合から支給されるものなので、あなた自身が健康保険に加入していないと支給されません。つまり、扶養で被保険者でないのなら、出産手当金はもらえないということです。

育児休暇でもらえる育児休業給付金は雇用保険から支給されるものなので、フルタイムでアルバイトをしていたら間違いなくもらえるお金です。フルタイムでアルバイトをして、福利厚生や自分名義の健康保険も雇用保険も加入しているのに、出産手当金や育児休業給付金が出ない場合は、保険に未加入である可能性が考えられるので、会社に問い合わせてみましょう。

ブラックなアルバイト先だと、求人案内には、健康保険や雇用保険に加入できると書かれているのに、実際は未加入だったりすることがあるのです。このようなブラックバイトに騙されないようにしましょう。また、保険には加入していても、産休や育児休暇をとれない暗黙のルールみたいなものがあったりするので、先に働いている先輩のアルバイトに聞いてみることをおすすめします。

産休や育児休暇の制度はあっても、機能していない制度なら意味がないですからね。無理に要求して、産休や育児休暇をとっても解雇されてしまえば、これもまた意味がないですからね。

アルバイトを辞めたら育児休業給付金は支給されなくなる?

アルバイトを辞めたり解雇されたりすれば、育児休業給付金の支給はストップしてしまいます。それを避けるためには、アルバイトを辞める前に次のアルバイトを見つけて、雇用契約を結び、雇用保険に加入してしまうことです。

アルバイトを辞めたり解雇しても、ブランクをつくらずに次のアルバイトで雇用契約を締結し、継続して雇用保険に加入すれば、育児休業給付金もストップすることなく、もらい続けることができます。


スポンサードリンク





フォーマット 常識 体験談 マナー お金 注意点